マツダ党に捧げる本―ここが偉い!そこが凄い! (レッドバッジシリーズ (287))



メルセデス・ベンツCクラスW202 (ハイパーレブインポート-型式別・輸入車徹底ガイド- (Vol.04))ショベルヘッドマスターブックビックツイン編DAIHATSUコペン専科―軽自動車初の電動オープン・ハードトップ・2シーターに乗ろう! (Gakken MOOK)ホメずにいられない〈2〉オイラが出会ったクルマ名人芸の一部始終 (双葉文庫)自動車の現在・未来―巨大台風の来襲速報レクサスIS (モーターファン別冊)マツダ党に捧げる本―ここが偉い!そこが凄い! (レッドバッジシリーズ (287))モーターボーイズ!日産最強の販売店改革 (日経ビジネス人文庫 (み4-1))スーパーカブのレストア&メンテナンス


マツダ党に捧げる本―ここが偉い!そこが凄い! (レッドバッジシリーズ (287))
マツダ党に捧げる本―ここが偉い!そこが凄い! (レッドバッジシリーズ (287))

ジャンル:
セールスランク:84176 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,680 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

なかなか無かったマツダファン待望の一冊、と思ったのだが…

マツダのクルマというとどうしてもロータリーエンジンのイメージが強すぎて、RX?7などが第一にピックアップされてしまうのだが、それ以外の例えばレシプロエンジンのクルマの特集をするような本というのはなかなか無かった。
そこへ出てきたのがこの本である。
最近のマツダのブランドメッセージである「Zoom?Zoom」を中心に特集してあるのも好感が持てるし、マツダの歴史も挙げてあるのも良い。
だが、巻末の歴代マツダ車の写真とスペックを見てみると、誤植が多すぎて、もう少し正確なものにしてくれよと言いたくなる。
例えば、1985年に発売された新型ファミリアの写真が先代モデルの写真だったり、二代目MPVは1999年に発売されたのに1997年の発売になっていたり、とにかく多すぎる。
ここはコアなマツダファンなら分かるだろうから、正確を期して欲しかった。ここだけが残念。せっかく良い企画の本だと思ったのに…。ガッカリだよ!(桜塚やっくんみたいに言いたくなる)



講談社
マツダはなぜ、よみがえったのか?
さらば、愛しきマツダ
フォードVSマツダ 日米戦争に学ぶビジネスマン明日への12章
マツダ・ロータリーエンジンの歴史
コミック版 プロジェクトX挑戦者たち―夢のロータリーエンジン誕生







         
         
         
         

  プロフィール  PR:無料HP  スルガ自動車学校  アジマドライビングスクール  バイクの中古パーツ専門店  スタッドレスタイヤ 交換  タイヤ パッソ 格安  体育教員 大学  無限  東名自動車学校  マラカイト  白井 リフォーム  音楽 専門学校 福岡  タイヤ 履き替え ひたちなか市  名簿業者