小富豪のための金融シティ「香港」の楽しみ方 (Cool & smart investors)



深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)マカオ香港夜遊び地図―現地人が案内する「安心MAP」 (C’s Mook 62)D09 地球の歩き方 香港/マカオ 2007~2008 (地球の歩き方 D 9)香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 -City of Darkness-小富豪のための金融シティ「香港」の楽しみ方 (Cool & smart investors)転がる香港に苔は生えない (文春文庫)大図解九龍城スイート・スイーツ・香港 香港スイーツ店ガイドとシンプルおいしいレシピ中国全省を読む地図―22省・4直轄市・5自治区・香港・マカオ・台湾 (新潮文庫)


小富豪のための金融シティ「香港」の楽しみ方 (Cool & smart investors)
小富豪のための金融シティ「香港」の楽しみ方 (Cool & smart investors)

ジャンル:
セールスランク:30318 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,995 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

?「ゴミ投資家」シリーズとしてヒットした海外投資関連の書が、新たに「小富豪」シリーズとして生まれ変わり、今回はそのシリーズ第2弾として、日本から一番近いタックスヘイブンの香港について、現地金融事情や、金融機関の実践的な活用法を詳しく解説した金融ガイドブックとなっている。

日本から飛行機で約5時間の距離にある香港は、グルメや買い物といった観光のために訪れる人も多く、観光ガイドブックも豊富に出版されているものの、タックスヘイブンである香港の金融の側面を解説したガイドブックはこれまでなかった。

本書は、「金融シティ」香港の側面を、歴史的背景をはじめ金融制度、具体的な金融機関の詳細や活用方法を紹介することにより映し出している。Q&A方式による香港金融事情の解説は端的で分かりやすく、また、2つの現地銀行の解説部分では、口座開設や、取引、電話、インターネットによる活用法に至るまで図表を交えて実務的な事項が説明されている。

冒頭には、香港の中環の金融マップが掲載され、さらに端々には現地の写真やコラムが散りばめられ、堅苦しくなりがちな金融の内容をソフトに読みやすくする工夫もなされており、いわば金融版「香港の歩き方」に仕上がっている。(桜田清二)



実用に特化した一冊

「香港で投資をする」ことに関して、ここまで親切な本に出合えたことで、人生、大いに得しました。
まさに、「得する生活」です。
実用にならない優れた実用書

本書は、香港のシティバンクとHSBCの口座の作り方、その活用方法などについて記述した本です。具体的な記述と、豊富な図入りの実例。これをそのままやれば、香港に口座を開いて、さぁ経済的自立の第一歩、と思う人も多いのかもしれません。日本という国境に縛られない自由人、なんて素敵な自画像。本書は、手取り足取りのマニュアルと、そのような自画像を売る、たいへんよくできた商品だとおもいます。

では、本書は誰の役に立つのでしょう。本書をマニュアルに、そのまま香港で手続きすれば、とりあえず口座は作れるでしょう。でも、じゃあそれをどう運用すればいいのか。そもそも香港という、航空券だけで何万円もするところに口座を作ってどういうメリットがあるのか。もし日本がダメになったときの保険というならば、たかが「小富豪」が「日本」という看板がなくなったときにやれるだけの金を持っているのか。さらに言えば、本書で書いている内容は、英語がちょっとまともに話せれば、口座を取りたい銀行員が懇切丁寧に話してくれる内容であるのに、わざわざ日本語で書かれたこんなマニュアル本に頼ってしまう人が、万が一銀行と折衝しなくてはいけないシーン〜それはリスクのある投資をする人は多くの場合必ずめぐり合うシーンですね〜において、きちんと銀行と渡り合えるのか。

そういう、現実的な自省とまっとうなリスク感覚については、本書は微妙にスキップして書いているとおもいます。本書だけを読んでいてなんとかなると思う人は、一度シティでもHSBCでも、香港の英語サイトを見て、ある程度でも対応できるかどうかよく検証することをお勧めします。そういう意味で、本書は極めてよくできたマニュアルですが、実用にはなりにくい本だとおもいます。英語はできないけど、どうしても海外金融機関に口座を作りたいのです、という人には、本書とあわせて、安間伸氏の著書を読むことをお勧めします。
もう少し丁寧な情報があれば便利だった。

口座開設に際する面談での質問事項の内容をもっと丁寧に記載してあれば、事前の準備もでき、よりスムーズな口座開設ができたとおもいます。私が本書片手に口座を開設した2004年12月13日現在、HSBCビル内部の間取りは本書に記載されているものとは異なっており、パワーバンテージ開設はLEVEL3で行われます(LEVEL5にあがったとたん、警備員が詰め寄ってきました)。また非常に重要な事ですが、口座開設時の必要書類として、本書ではパスポートの他には紹介状が挙げられていますが、11月15日から紹介状は必要なく、代わりに銀行の英文残高証明書が必要となっています(準備可能な方はバンクリファレンスでもよい)。残高証明書は現在あなたが持つ銀行口座のもので、正式なレターヘッドを使用した、口座の名義人(あなた)の住所が記入されていて(手書き不可)、発行銀行担当者の手書きサイン入りで、発行銀行の判が押されたものがベスト。残高も20万円前後あれば安心。ちなみに実際に上記の条件を満たすよう、依頼して作成してもらった日本の複数の銀行の証明をHSBC持って行ったところ、U○J銀行とソ○ー銀行は合格、み○ほ銀行と三○○友銀行は不可でした。最近のHSBCのルール改正によりこの辺りの重要情報が抜けていますが、これらの点を除けば、本書は現在も非常に役に立つとおもいます。
経済的自由の扉は、香港から...。

 経済的自由に憧れていた所、運良く仕事の関係で上海に駐在する
ことになりました。また、運良く深センに出張の案件があり、その
足で香港まで行ってきました。

 この本を熟読して、いざCitibankへ乗り込みました。クレジット
カードが必要だったり、なぜ香港に口座をつくるのかなどしつこく
英語できかれながらも、粘り強く回答したら、首尾よく口座を開く
ことができました。基本的な金融知識を勉強し、その専門用語を
英語で覚えていること、そして高校生レベルの英語の知識があれば、
だれでも口座を開くことができます。

 現在は、投資口座も開き、ネット上で香港株式投資も始めたとこ
ろです。経済的自由への扉を開けた段階になります。
はじめて香港の金融機関を利用する人に最適

この本のいちばんの特徴は類書が一切ないということです。
香港上海銀行やシティバンク香港に口座開設しようと考える人は、本書を参考にするしかありません。
口座開設から口座の運用方法まで、記述は詳細にわたり、これ一冊で必要なことはすべて把握できます。
香港の金融機関をどのように活用するかは、当然、各自の判断でしょう。



東洋経済新報社
小富豪のためのタックスヘイヴン入門 (Cool & smart investors)
小富豪のための 上海<人民元>不思議旅行
大事なお金は香港で活かせ
小富豪のためのハワイ極楽投資生活・入門 (Cool & smart investors)
海外預金口座の開設活用徹底ガイド







         
         
         
         

  プロフィール  PR:無料HP  スルガ自動車学校  アジマドライビングスクール  バイクの中古パーツ専門店  スタッドレスタイヤ 交換  タイヤ パッソ 格安  体育教員 大学  無限  東名自動車学校  マラカイト  白井 リフォーム  音楽 専門学校 福岡  タイヤ 履き替え ひたちなか市  名簿業者