添乗員疾風録 (角川文庫)



旅の王様年金でもできる海外ふたり暮らし―オーストラリア・パース編旅行人 2006年秋号アンダーグラウンド地下世界への旅屋久島ジュウソウ添乗員疾風録 (角川文庫)徹底大予測 21世紀「この国が買い、この国は売り」―天才投資家の世界バイク紀行 (講談社文庫)間違いだらけの海外個人旅行 (宝島社新書)たった100単語の英会話 海外旅行編 (プレイブックス・インテリジェンス)中国語会話 北京ナビ手帳カラー版 地中海都市周遊 (中公新書)


添乗員疾風録 (角川文庫)
添乗員疾風録 (角川文庫)

ジャンル:
セールスランク:162768 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 580 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

人情はいいね

 いつもながら、ほっとさせられる。今回の話は、韓流スター、中国の中産階級、ラスベガス、ヨーロッパ・ミステリー・ツアーの4つ。どれも良く練られていて、楽しく読むことが出来た。
 シリーズ第6作の本書は、これまでのものに比べると、いくらか毛色が変わっている。普通ではないタイプのツアーを取り上げているのだ。接待のためのツアー、俳優のオーディションを兼ねた旅行。こんなスタイルのあるのかと感心させられた。
 フィクションではあるが、添乗員としての実際の体験や知識をもとに書かれており、面白い。
いつもよりフィクションぽい

いつものように海外に出かけ、トラブルを抱えながらも最後はシャンシャン。そんな4つのストーリーが掲載されている。
最初の韓国ツアーのヨン様オチには大笑い。が、ラスベガスとフランスの話はかなりフィクションぽい仕立てになっている。
いつものように気楽な気持ちで読んで、それなりに笑えた。気楽に読める一冊です。
おなじみ。ダイゴの添乗員シリーズです。

海外パックツアーをテーマにしたもので、異国というシチュエーションで様々な形で展開するトラブルやハプニングをツアー客を中心とした人間模様を交えて描写している。
ストーリーの展開は、事の前触れがあり、ツアーの進行と共に事件が発生、どたばた劇のあと、どんでん返し、そして大団円となる。
このシリーズ初期の「意外体験!イスタンブール」や「意外体験!スイス」などは長編であったが、最近はショートで構成されているようだ。
そのためストーリーのクローズが早くて余暇に手ごろな読み易さがある。その反面は元ネタとそれを修飾するシーン設定に少し物足りないところがある。
短編の割には、登場人物が多くて一見ややこしく感じるが、何度も登場する人物だけを追っていけばストーリーが分かる。



角川書店
添乗員撃沈記 (角川文庫)
添乗員漂流記 (角川文庫)
添乗員世界遺産旅がらす (角川文庫)
添乗員奮戦記 (角川文庫)
添乗員狂騒曲 (角川文庫)







         
         
         
         

  プロフィール  PR:無料HP  スルガ自動車学校  アジマドライビングスクール  バイクの中古パーツ専門店  スタッドレスタイヤ 交換  タイヤ パッソ 格安  体育教員 大学  無限  東名自動車学校  マラカイト  白井 リフォーム  音楽 専門学校 福岡  タイヤ 履き替え ひたちなか市  名簿業者